引っ越し後 手続き

bookmark

引っ越し後に行う手続き

一括見積もり

 

引っ越し後には、以下のような手続きが必要です。
忘れずに行いましょう。

 

 

転入届

 

引っ越し後14日以内に、新しい住所の区役所に、
印鑑・国民健康保険証・国民年金手帳・転出証明書を持参し、提出します。

該当者がいる場合、老人医療証及び赤ちゃん医療証も必要となります。

 

転入届の手続きを行う際には、引っ越し前の各区役所で受け取った「転出証明書」が必要です。
忘れずに、持参してください。

 

転入届は、引っ越し後14日以内に済ませましょう
14日を過ぎてしまってから手続きを行うと、裁判所から過料を請求される可能性があります。

 

転入届は、普通、本人や世帯主が行います。
どちらも行えない場合、委任状があれば代理人による届出も可能です。

 

印鑑登録

 

各区役所に、登録する印鑑を持参し、届け出ます。

 

児童手当

 

各区役所に、印鑑・年金の加入証明書(国民年金は年金手帳)・ 銀行預金通帳・「所得証明書」を持参し、届け出ます。

 

老齢福祉年金

 

各区役所に、印鑑・国民年金手帳・「所得証明書」を持参し、届け出ます。

 

原付自転車

 

各区役所に、印鑑・住民票・廃車控・車体ナンバー控を持参し、届け出ます。

 

 

これらの手続きは区役所で済ませられるので、
必要書類等をまとめて持参し、一度に終わらせてしまうと楽ですよ。

 

 

学校

 

各区役所での「転入届」を提出時に、 「転入学通知書」を発行してもらいます。
新たに入る学校に、その「転入学通知書」と「在学証明書」、「教科書受給証明書」を提出してください。

 

自動車・自動二輪

 

陸運局に、印鑑・車検証・新住民票・ 車庫証明書を持参し、提出します。
二輪車の場合、車庫証明書は不要です。

 

運転免許証

 

警察署に、住民票の写し(コピー不可)・新しい住所の健康保険証・消印付はがき・公共料金の領収証・外国人の方は外国人登録証明書のいずれか1つと、
運転免許証を持参し、提出します。

ただし、消印のない、ダイレクトメールや年賀状は不可となります。

 

県外転居の場合は、免許証用の写真が1枚必要なので、忘れないようにご注意ください。

 

郵便

 

郵便に関する手続きは、特に必要ありません。
郵便貯金通帳の住所変更を行う際には、印鑑と通帳を持参してください。

 

電話

 

特に必要ありません。

 

電気

 

申込書がリミッターに取り付けてあります。
それに必要事項を記入し、ポストに投函してください。

 

ガス

 

転入日の2〜3日前に、転居先の管轄サービスショップに連絡します。
係員による検針を終えると、使用可能となります。

ガスだけは、引越し日当日に旧居と新居での立会作業が必要となりますのでご注意ください。

 

水道

 

転入後、水道局に連絡します。

 

 

転出届の際、引っ越し先の住所が必要となります。
万が一、転出証明書発行後に、引っ越し先が変わった場合も、転入届はその転出証明書で行えます。

それなので、引っ越し先の住所が変更になっても、
もう一度転出届の手続きを行う必要はありません。