引越 挨拶 ギフト

bookmark

引っ越し時の挨拶まわり

引越し前は今までお世話になった方々に、引越し後にはこれからお付き合いが始まる方々に、
心のこもった挨拶をするのがマナーです。

 

引越しの挨拶まわりは、誰に、どのような挨拶を、どのタイミングですればよいのでしょうか?

 

誰に?

一戸建てなら両隣と向かい三軒、アパートやマンションなどの集合住宅なら両隣と上下階、
そして大家さんに引越しの挨拶をするのが一般的だとされています。

 

どのタイミングで?

 

大家さん 旧居は引っ越し当日、鍵を返却するときに挨拶をします。
新居でも、できれば引越してきた日に伺えるのが理想的です。
その日のうちが無理でも、できるだけ早く挨拶に行きましょう。
ご近所 旧居では、引越す日の2〜3日前から、新居では引越し後一週間以内に挨拶をします。
留守が多いところには、早めに伺うといいでしょう。
いつ伺っても、なかなか直接会えないこともあると思います。
挨拶の品は、何が何でも手渡ししなければ失礼だというわけではありません。
その場合は、郵便ポストに、簡単な挨拶状を添えた挨拶品を入れておくという方法もあります。

 

また、日頃から特に深く付き合っていた方には、他よりも早めに挨拶したいものです。
突然引越しを告げるのでは、よそよそしい印象を受けますよね。
引越しが決定したら、それとなく伝えておくといいかもしれません。


どんな言葉で?

決まりきった挨拶の言葉はありません。
難しく考えすぎず、「ありがとうございます」や「よろしくお願いします」の気持ちが伝えられればいいでしょう。

一例をあげてみるので、参考にしてください。

 

大家さん 旧居 『今まで、大変お世話になりました。
 日頃から、何かとご配慮いただいたことには、深く感謝しています。』

『短い期間でしたが、何かとお世話になりました。
  ありがとうございました。』
など、感謝の気持ちが伝わる言葉を選ぶといいでしょう。

新居 『この度○○○号室に引越してきた○○です。
 これからお世話になりますが、どうぞよろしくお願い致します。』
というように、自分の名前・入居した部屋番号を伝えます。
ご近所 旧居

『○○○号室の○○ですが、○日に引越すことになりました。
 いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
 引越しの際には、朝早くから騒々しい思いをさせてしまうかも
 しれませんが、申し訳ありません。』

と、それまでの感謝と、当日迷惑をかけてしまうことへのお詫びの言葉も添えると、お互い不快な思いをするのを避けられると思います。

新居 『この度○○○号室に引越してきた○○です。
 これからお世話になりますが、どうぞよろしくお願い致します。』

というように、自分の名前・入居した部屋番号を伝えます。
簡単に自己紹介をしたり、勤務先の名刺を渡すと親切ですね。

また、自分や家族が仕事などで時間帯が不規則な生活をしている、
小さなこどもがいるなど、迷惑をかけてしまう可能性がある場合は、その旨も伝えます
そして、『ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが…』という言葉を添えると、なお良いでしょう。

 

一括見積もり

 

挨拶品には何を選べばいい?

挨拶品の金額は、1件につき500円〜1000円が一般的です。
特別に高価なものを選ぶ必要はありません。


そうは言っても、見るからに安物だったり、ありがた迷惑になりそうなものは避けたいものです。
値段は低くても、喜んでもらえるようなものを選ぶといいでしょう。

 

たとえば、こんなものはどうでしょう。

 

地元の名産品

地元で作られたお菓子、地元の名前が入ったもの、乾物、工芸品など

 

誰でも使うもの

タオル、ふきん、ハンカチ、スポンジ、写真立て、コップ、文房具、小さな時計など

 

消耗品

石鹸、洗剤、入浴剤、ゴミ袋、ティッシュペーパー、キッチンペーパー、サランラップ、アルミホイル、食品保存用ストック袋など

 

引越しには何かと費用がかさむもの。
節約できるところは、できるだけ節約したいですよね。
安売りのときなどに買っておき、ちょっとラッピングをするだけで、安価とは思えない挨拶品になりますよ。
自分で少しでも手をかければ、その分気持ちがこもっているように感じられるかもしれません。

 

また、転居通知は、引越し後2週間以内に出しましょう。
転居先の住所に読みにくい地名がある場合は、仮名をふります。
最寄り駅からの簡単な地図を入れたり、目印になる大きな建物などを書いておくとわかりやすいですね。

 

文例などは、インターネットサイトでも紹介されています。
ダウンロードも可能なので、利用してみるのもいいでしょう。
そういったものをハガキに印刷する際も、空いたスペースに何か一言添えると、喜ばれると思いますよ。