引越 チェックリスト 準備

bookmark

お役立ち!引っ越し準備のチェックリスト

引越しをするとなると、何かと忙しいもの。
行うべきことをあらかじめ書き出しておくと便利ですよ。
引越し前に必要な準備をまとめてみたので、お役立てください。

 

一括見積もり

 

引っ越し決定後

やること 連絡/手続き先 備考
1 賃貸借契約の解約手続き 現在の貸主
または不動産会社
 
2 引っ越し先の入居可能日確認 引越し先の貸主
または不動産会社
 
3 粗大ゴミ・
有害ゴミの処理方法確認
(必要があれば)業者の手配  
4 固定電話の移転手配 NTT東日本または西日本  
5 インターネットの解約・
新規契約手配
契約プロバイダ

プロバイダパックなら、フレッツ光とプロバイダが同時に解約できます。
解約と新規は別々に手続が必要です。

 

NTT東日本公式サイト >>
 http://flets.com/

NTT西日本公式サイト >>
 http://flets-w.com/

 

 

引っ越し2週間前

やること 連絡/手続き先 備考
1 引っ越し先での
家具の配置を検討
   
2 荷造りの準備   段ボールや運搬用品を調達
3 転居知らせの準備   ハガキ等、連絡手段を検討

 

 

引っ越し1週間前

 
やること 連絡/手続き先 備考
1 転出・転居届け 現住所の役所  
2 国民健康保険に関する手続き 国民健康保険証・印鑑を持参
3 国民年金の住所変更 国民年金手帳・印鑑を持参
4 印鑑登録の廃止 印鑑登録証を持参
5 福祉に関する手続き 印鑑・転出証明証を持参
6 バイク(50cc〜125cc)
の登録変更
バイクを登録している役所 ナンバープレート・印鑑
標識交付証明書を持参
7 転校手続き 転入希望の学校 ■公立の小・中学校
『在学証明書』
『教科用図書給与証明書』
を受領
■私立の小・中・高等学校
転入希望の学校に確認
8 ガス・電気・水道・
NHKの移転連絡
各社  
9 新聞の解約 新聞販売店  
10 郵便物の転送手続き 郵便局  
11 銀行・保険などの
住所変更手続き
各銀行・保険会社  
12 引越し挨拶の手土産調達   一件あたり
500〜1,000円が目安
13 普段使わないものの梱包    
14 冷蔵庫の電源を切る
(引越し2日前)
   

 

 

引っ越し前日

やること 連絡/手続き先 備考
1 梱包・掃除・ゴミの処分    
2 旧居の挨拶回り 旧居の管理人・近隣 (必要であれば)手土産持参
3 引越しの最終確認    

 

 

引っ越し当日

やること 連絡/手続き先 備考
1 ガス・水道・電気の手続き
(旧居の使用停止及び精算
引っ越し先の使用開始依頼。 )
各社
ガスのみ旧居・新居での立会が必要。
2 旧居の鍵を返却 旧居を管理する人  
3 引越し先の挨拶回り 引越し先の管理人・近隣 (必要であれば)手土産持参

 

 

引っ越し後

やること 連絡/手続き先 備考
1 転入届
(引越日から14日以内)
引越し先の役所 転出証明書・印鑑を持参
2 国民健康保険の加入手続き
3 国民年金の住所変更 国民年金手帳・印鑑を持参
4 印鑑登録 登録する印鑑を持参
5 転入学届 転入する学校 在学証明書・教科書無償給与証明書
就学通知書・新住所の住民票
転入学願
6 運転免許書の住所変更 引越し先の所轄警察署・
運転免許試験場
運転免許証・新住所の住民票・印鑑
(県外への引越しの場合は証明写真)
10 バイクの登録変更(126cc以上) 引越し先の所轄陸運支局 軽自動車届出済証・新しい住民票
自動車損害賠償責任保険証明書
印鑑・使用中のナンバープレート
7 自動車の住所変更 変更登録申請書・手数料納付書
自動車検査証・ 印鑑・住民票
自動車保管場所証明書(車庫証明)
自動車損害賠償責任保険証明書
8 軽自動車の登録変更 引越し先の
管轄軽自動車検査協会
自動車検査証記入申請書
自動車検査証・印鑑・住民票
自動車保管場所証明書(車庫証明)
9 車庫証明手続き 駐車場を管轄する警察署 自動車保管場所証明申請書
印鑑
(駐車場を借りる場合は
貸主が発行する自動車保管場所
使用許諾証明書のコピー)
11 畜犬登録の住所変更   旧住所で交付された飼い犬の鑑札
狂犬病予防注射済証・印鑑
12 転居通知の発送    
13 新聞の申込み 新聞販売店  
14 NHKの受信申込み NHK 初めて加入する場合のみ必要

 

 

早いうちにできることは、済ませてしまうこと。
それが、引越しをスムーズに運ばせるコツの一つです。
引越し日が近づくにつれて忙しさも増してくるので、直前になって慌てることのないようにしておきましょう。

 

 

もし、「まだ引越し業者を決めていない」という方がいらっしゃる場合は、
早めに複数業者から見積もりを取り、決めてしまいましょう。
時期によっては、希望通りの日程で引越しができなかったり、
相場より高い金額でしか引越しを行えなくなってしまいます。

 

 

複数業者一括見積もりへ