引越し 荷造り コツ

bookmark

知っておきたい荷造りのコツ

一括見積もり

 

単身・家族問わず、引越しをするに当たり、欠かせないのが荷造りです。
手間も時間もかかる面倒な荷造りを少しでも楽なものにするには、コツがあります。
荷造りのコツをつかみ、引越しをスームズに運ばせましょう。

 

 

荷造りのコツ1.使わないものから梱包する。

 

荷造りは、奥の部屋から始めるのが基本です。
そうすると、荷物で出入り口がふさがれたり、荷造りしたものが邪魔になったりすることがありません。

 

そして、本や季節外れの衣類、物置の中身など、普段使わないものから梱包しましょう。
食器やコップ類も、いつも使っているもの以外は、箱に詰めてしまうといいですよ。

 

荷造りのコツ2. 引越前後に必要なものは、まとめておく。

 

引越前後に使うものは、わかりやすいようにまとめて梱包します。
このとき、活躍するのが色つきのガムテープ。
すぐに使うものには黄色、壊れ物には赤いガムテープという風に、
それぞれの段ボールに貼り付けておくと便利です。

 

荷造りのコツ3.段ボールの中身を記入する。

 

段ボールには、必ず中に何が入っているか記入します。
このとき、上面だけじゃなく、側面にも記入しておくと、探すときに助かります。

 

荷造りのコツ4.重いものと軽いものを分ける。

 

本などの重いものは小さめの箱に、小物などの軽いものは大きめの箱に詰めます。
このとき、物同士がぶつかるのを防ぐため、隙間なく積めるのがコツなのですが、
どうしても隙間が空いてしまう場合は、緩衝材を使用します。
新聞紙などを丸めて詰めるといいでしょう。

 

箱に荷物を詰めすぎると重たくて持ち運びができないだけじゃなく、
底が抜けてしまう恐れもあります。
そのようなことを避けるため、箱詰めをするときは、重さを適当なものに調整しましょう。

 

 

また、荷造りをするに当たり、いくつかの注意点があります。

 

 

荷造りの注意点1. 貴重品について

 

貴重品は、間違っても他の荷物と一緒に段ボールに詰めないでください。
貨幣・貴金属・宝石・有価証券・印鑑などは、必ず携帯しましょう。

 

荷造りの注意点2. 生ものについて

 

腐りやすい食物などを、他の荷物と一緒に梱包するのは避けましょう。
食べ物を無駄にしないためにも、引越し数日前から献立に工夫をすることをおすすめします。
できるだけ、引越し当日までに食べ切ってしまえるよう、買い物を控えるのも一つの手です。

 

荷造りの注意点3. 自分で荷造りができない場合

 

中には、自分で箱詰めをするのが難しいものもあると思います。
そのときは、荷造りのプロに依頼するのがいいでしょう。
引越しプランナーに相談することをおすすめします。

 

荷造りの段取りをきちんと取っておくことで、スムーズな引越しができます。
注意点をおさえながら、上手な荷造りができるといいですね。

 

 

「荷造りは面倒」「荷造りする時間がない」という方は、引越し業者に依頼するのも良いでしょう。
荷造りセットの引越し料金も、引越し業者によって大きく異なります。

まとめていくつかの引越し業者へ見積もりを依頼し、
予算以内の値段なら荷造りセットの引越しを検討してもいいと思います。

 

 

複数業者一括見積もりへ

 

 

荷造りがなかったら、引越しもだいぶん楽になりますよね!