引越し 掃除 コツ

bookmark

掃除のコツ〜旧居編〜

一括見積もり

 

掃除の基本は、上から下、奥から手前の順で進めていくことです。


なかなか落ちない汚れには、湿布法やつけ置きを活用しましょう。
その間、別の場所を済ませてしまうと、効率のよい掃除ができます。

 

分解するものや取り出す部品があるものは、外してから掃除します。

水よりもお湯を使った方が、汚れを落としやすいです。


用途に応じて洗剤を使い分け、使いすぎないように気をつけてください。
洗剤を使う場合は、弱いものから使うようにします。
それで汚れが落ちないようなら、少しずつ効果の強い洗剤を使うといいでしょう。

 

場所や物に応じた掃除方法をご紹介するので、引越しの際の参考にしてください。

 

フローリング

 

最初に掃除機をかけ、その後、固く絞った布で拭く。
できるだけ、洗剤は使わない。
汚れやベタつきが取れない場合のみ、薄めた弱アルカリ性洗剤を使う。

フローリングに油がこぼれたときは、雑巾などで油を拭き取り、小麦粉を振りかける。
しばらくしてから、ホウキなどで掃き、雑巾で拭くときれいになる。

 

絨毯

 

・髪の毛や糸くず
市販の粘着ローラーやカメの子たわしを使う。

 

・水性のシミ(ジュースやしょうゆなど)
最初に固く絞った布で叩き、中性洗剤をスプレーする。
その後、布で押さえるとシミを移しとれる。
この時、強くこすると絨毯を傷めてしまうので注意。

 

・油性のシミ(マジックや口紅など)
ベンジンを染み込ませた布でシミを押さえ、布に移し取る。
その後、水性のシミと同じように、固く絞った布で叩いて中性洗剤をスプレーし、布で押さえる。

 


 

掃除機を畳の目に沿ってかけた後、乾いた布で拭く(乾拭き)。
気になる汚れや黄ばみは、お湯で適度に薄めたお酢を布に浸み込ませ、できるだけ固く絞って、目に沿って拭く。
最後は、乾いた布で拭く。


ガラス

 

最初にホウキを使ってホコリを落としておくと、作業がスムーズに進む。

ぬるま湯を使って拭くだけでも、ガラスに付着した汚れを落とすことができる。

 

こびりついてしまった汚れには、ガラス用洗剤を使うといい。
仕上げに丸めた新聞紙で拭くと、汚れが新聞紙のインクに含まれた油に吸着される。

 

大きなガラスには、スクイジーという窓用の水切り器具を使うのがおすすめ。
水切りは、必ず一定方向にする。(上から下へ、左から右へ)

 

サッシ

 

まず、レールに掃除機をかける。
その後、洗剤を使い、サッシブラシや歯ブラシで汚れを落とし、水で洗い流す。
または、水で流さずに、布で拭いて仕上げるだけでもいい。
ブラシがなければ、布を巻きつけ割り箸などでも代用可。

 

網戸

 

ガラスと同様、ホウキを使ってホコリを落としておくとよい。

網戸は水で濡らし、弱アルカリ性洗剤を使い、洗車ブラシやタワシでこすり洗いをする。
家の中で洗うと周りが濡れたり汚れたりしてしまうので、外で行う。

 

エアコン

フィルターについたホコリを掃除機で吸い取って洗剤で洗い、日陰でよく乾かす。
洗えないタイプのフィルターもあるので、その場合は掃除機でホコリを吸い取る。

 

冷蔵庫・冷凍庫

冷蔵庫・冷凍庫共に中身を出して空にし、電源を抜いてから掃除を始める。

取り外し可能な棚などは取り出して洗う。


最初に除菌スプレーをかけてから水拭きをする。
または、台所用洗剤とスポンジを使って丸洗いする。
頑固な汚れは、クリームクレンザーを使って落とす。
いずれの場合も、最後は乾拭きをし、よく乾かすこと。

 

ゴムパッキンの汚れはクリームクレンザーを使い、
台所用の漂白剤で拭いた後に水拭きをする。

 

冷蔵庫の中と外側には、ぬるま湯で薄めた台所用洗剤を使う。
薄めた台所用洗剤で濡らして固く絞った布で拭く。
最後には、ぬるま湯で濡らした布で洗剤の成分をしっかり拭き取る。
残った水滴は、乾いた布で拭き取る。

 

冷蔵庫の掃除に、アルカリ性や弱アルカリ性の洗剤を使用するのは避けてください

プラスチックの部分が変色する恐れがあります。
冷蔵庫に傷をつけてしまいかねないので、研磨剤の使用もおすすめできません。

 

電子レンジ・オーブン

トレイやターンテーブルは、取り出して洗う。
レンジ・オーブンの庫内は、台所用の中性洗剤で磨く。


汚れがこびりついている場合は、前もってカップなどに水を入れて加熱しておくとよい。
そうすれば発生する蒸気のおかげで、汚れを落としやすくなる。

 

レンジフード・換気扇

レンジフードや換気扇には、つけおき洗いが簡単で効果的。

 

分解できる部品は分解しておく。
シンクなどに40度くらいのお湯をはり、アルカリ性洗剤を入れる。
そこに分解した部品を1時間ほど浸した後、スポンジやブラシでこする。

 

フードまわりに付着した汚れは、ヘラなどでこそぎ落とし、クッキングペーパーで覆う。
クッキングペーパーで覆った上から、アルカリ性洗剤をスプレーする。
30分ほどすると汚れが浮いてくるので拭き取り、洗剤をつけたスポンジで磨く。

 

ガス台・レンジ

ガス台の受け皿や五徳は、つけ置きをして汚れを浮かせる。
落ちにくい汚れは、傷がつかないようにプラスチック定規や割り箸などでこそぎ落とし、
アルカリ性洗剤を布やスポンジにつけて磨く。

汚れが溝に入り込んでいる場合や、バーナーの穴を掃除する場合には、竹串を使うとよい。

 

壁などについた油汚れには、薄めた洗剤を吹きかけ、ティッシュをはりつけてしばらく置いておく。
その後、ティッシュをはがし、乾拭きをしてから水拭きをするとよい。

 

ステンレスのサビは、クリームクレンザーとスポンジで磨くのが効果的。

 

シンク

シンクは、アルカリ性の洗剤で磨く。
ステンレスやホーローに傷がついてしまうので、粗いクレンザーやスチールウールの使用は避ける。
水で薄めたお酢や、使用済みのティーパックを使って磨くのも効果的。

 

浴室

なかなか落ちない湯垢には洗剤をスプレーし、ラップをして30分ほどおいておく。
その後、カメの子たわしなどでこする。

 

タイルの目地は、漂白剤を塗ってしばらくおき、歯ブラシなどでこする。
それでも落ちない汚れは、カッターの刃などで削る。

 

カビにはカビ取り剤を塗って1時間くらいおいておき、洗い流す。
洗い流した後、アルコールで拭けば殺菌処理にもなる。

 

洗面所

サビには、少量のお湯を還元系漂白剤に混ぜたものを使うとよい。
それをサビの上に10分ほどおいておき、歯ブラシなどでこすって洗い流す。

 

トイレ

最初に、便器に溜まった水を給油ポンプで抜いておく。
給油ポンプがなければ、布で水を吸い取っておく。

 

付着した黄ばみはトイレットペーパーで覆い、その上からトイレ用洗剤をかける。
そのまましばらくおいておき、トイレブラシでこする。


付着した尿石は、マイナスドライバーなどで削り落とる。
それでも取れなければ、目の細かい耐水性のサンドペーパーで磨く。

 

 

明け渡す部屋は、できるだけキレイにしておきましょう。
キレイにしておけば、次の人が気持ちよく入居することができるのはもちろん、
家主の印象も良ければ、敷金が多く返ってくる可能性も…?

 

 

「掃除は苦手」「掃除をする時間がない」という方は、プロにお任せするという手段もありますよ!

 

ハウスクリーニングの無料一括見積もりはこちら>>