引越し 荷造り 梱包

bookmark

種類別◆荷造りの方法

一括見積もり

 

食器類は食器類、衣類には衣類、本には本…などというように、それぞれで梱包の方法が違います。
荷物の破損や変形、後々の不便さを避けるためにも、それに合った梱包をしましょう

 

まずは、荷造りに必要なものを集めます。

 

荷造りに必要なもの

 

段ボール、新聞紙、エアキャップ、ガムテープ、ひも類、油性マジック、

ゴミ袋・ビニール袋、はさみ、カッター、工具類、軍手、雑巾 など

 

段ボールは、引越し業者から購入することもできます。
ですが、大量に必要になるものなので、あまりお金はかけたくないところです。
近所のスーパーやコンビニなどで、無料で段ボールをもらえることもあります。
各店に相談してみるといいでしょう。

 

 

荷物ごとに梱包の方法をまとめてみました。
荷造りの際の参考にしてください。

 

 

大きなもの、重たいもの

 

荷物の種類 必要なもの 方法 備考
ふとん ふとん袋
(大きめのシーツ)

ふとんを畳んで重ね、その上からふとん袋をかけて
ひっくり返す。業者が使い捨てのふとん袋をくれる事も多い。
ふとん袋がなければ、大きめのシーツなどでくるんで代用。


枕やパジャマなどの寝具はふとんの中に入れても
問題ないが、圧力で破損する恐れがあるので、
壊れ物は絶対に入れないこと。

書籍類 段ボール

重いもの(辞典など)は小分けにする。
サイズをそろえ、小さめの段ボール(みかん箱程度)
に入れる。


あまりにも重くなると持ち運べないので、一つの
段ボールに詰めすぎないように注意。

衣類 衣装ケース
段ボール
など

大きめの段ボールに詰めるだけ詰めて大丈夫。
衣装ケースに入ったものは、そのままでOK。


コートやスーツなどはハンガーにかけたまま、
レンタルのハンガーボックスを用いて運ぶ。
(ハンガーボックスは業者が用意してくれます。)

 

台所用品

 

荷物の種類 必要なもの 方法 備考
調味料入れ ビニール袋
新聞紙
段ボール

しょうゆなどが入った瓶は空にし、洗って乾かす。

空にしたビンはビニール袋に入れて1本ずつ
新聞紙で巻き、縦にして箱に入れる。
隙間には緩衝材として、新聞紙を詰めて固定する。

調理小物 ビニール袋
小箱
段ボール

食器棚や調理台の引き出しごとに分け、ビニール袋
あるいは小箱にまとめて段ボールに入れる。

 

お風呂、洗面所

 

荷物の種類 必要なもの 方法 備考
シャンプーや
洗剤などの液体
ビニール袋
段ボール

しっかりふたを閉めてビニール袋に入れ、
縦にして段ボールに入れる。


ポンプ式のものは、ノズルを引っ込める。
スプレー式のものは口を「閉」にし、中身が出ないように
する。

洗面器や椅子
など
段ボール

水分をきちんと拭きとり、乾かしてから段ボールに入れる。

化粧品のビン類
(化粧水、乳液
など)
ビニール袋
新聞紙
段ボール

フタをして、ビニール袋に入れる。
それを、1本ずつ新聞紙で巻く。
箱に入れるときは縦にする。


隙間には緩衝材として、新聞紙を詰めて固定する。

 

危険物、壊れ物

 

荷物の種類 必要なもの 方法 備考

包丁・ナイフ
フォークなど

厚紙
布テープ
ヒモ
ビニール袋
段ボール

包丁やナイフなどの刃物類は、厚紙などを
二つ折りにしたもので刃の部分を巻き、
テープで止めてから段ボールに入れる。

本数が多ければ、向きを互い違いにするとかさばらない。

フォーク・スプーン・箸は、それぞれ分けて
ビニール袋に入れる。
さらにビニール袋を新聞紙で包み、ヒモで縛って
段ボールに入れる。

割れ物
(陶磁器や
ガラス類など)
柔らかい紙
新聞紙
段ボール

一つずつ柔らかい紙で包んで段ボールに入れる。
隙間には、新聞紙などを詰める。


コップなどはフタを別にし、縦にして段ボールに入れる。

段ボールの下には
新聞紙を丸めたものや
緩衝材を敷いておく。


重いものは下に、その
上部には軽いものが
くるようにする。

 

左右で重さが偏らない
ように気をつける。

お皿 新聞紙
テープ
(ミラーマット)
段ボール

1枚ずつ新聞紙で包み、四隅から順に内に折って包む。
最後にテープで止め、お皿は立てて、
コップは逆さまにして、段ボールに入れる。

 

すき間には新聞紙を緩衝材として詰める。
ミラーマットという専用の緩衝材があれば、なお良い。

額・パネルなど 柔らかい紙
(段ボール)

柔らかい紙で包み、他の荷物と分けておく。

 

段ボールに入らないものは、そのまま運ばれるので
無理に詰めない。

CD・DVD エアーキャップ
新聞紙
段ボール

傷がつくのを防ぐため、箱の四方にエアーキャップを敷き、
隙間が空かないようにきっちりと詰めていく。


すき間には新聞紙を緩衝材として詰める。
CDやDVDが入ったケースを立てて詰めると、割れにくい。

ビン類 ビニール袋
新聞紙
段ボール

フタをして、ビニール袋に入れる。
それを、1本ずつ新聞紙で巻く。
段ボールに入れるときは縦にする。

 

隙間には緩衝材として、新聞紙を詰めて固定する。

 

電化製品

 

荷物の種類 必要なもの 方法 備考
洗濯機 布テープ
ヒモ

前の日までに中の水を全て抜いておく。

束にしたコードやホースは、布テープなどで
洗濯機本体にはりつける。
運搬中に開くのを防ぐため、フタも布テープでとめておく。

 

各部品は別に梱包し、本体の中に入れてテープで
とめておくとよい。

照明器具 購入時の箱
ダンボール箱
新聞紙

シェードや電球を新聞紙などで包み、用意した箱に入れる。

 

隙間には新聞紙などを詰め、固定する。

テレビ・ビデオ
ステレオなど
購入時の箱
毛布
新聞紙

購入時の箱に梱包するのがベスト。
その箱がなければ、毛布などで厚めに包む。


デッキの中が空であることを必ず確認する。

ステレオや
DVDの配線
 

前もって配線は取り外しておき、ひとまとめにしておく。


どのデッキの配線であるか印をつけておくと、
引越し先で配線をするときに便利。

リモコン  

段ボールなどにしまいこんでしまうと、
どこにあるのかわからなくなってしまうので、
すぐに使うことを考えると自分で運ぶのがよい。


それか、それぞれの箱に一緒に梱包するのがおすすめ。

冷蔵庫  

運んでいる間の水もれ防止のため、引越前日までに
中を空にし、電源を抜いておく。

製氷皿の水は必ず捨てておく。

 

そのまま運ばれる。

炊飯ジャー エアーキャップ エアーキャップで包み、段ボールに入れる。
電子レンジ 新聞紙
タオルケット

中皿(耐熱皿、ガラス皿など)は忘れずに抜き、
新聞紙などで包む。

 

本体は外部からの衝撃を避けるため、
タオルケットなどで包む。

石油ストーブ

石油
ファンヒーター
 

タンクの中と受け皿の灯油を完全に抜き、
点火用の電池は外す。

タンクとジョイント部分の灯油は、ポンプで吸い上げる。
あるいは、トイレットペーパーなどで吸い取り、
空のタンクを戻す。


灯油の流出を防ぐため、アースやコンセントを
抜くのを忘れない。

 

引火性の恐れがある危険物(ポリタンクに入った灯油など)
は、引越し先へ持っていいけないので注意。
(残った灯油はガソリンスタンドや行政に引き取ってもらう)

エアコン  

特殊なガスが入っているため、専門業者に依頼する。

パソコン 購入時の箱
エアーキャップ

データのバックアップを取る。
パソコン配線を取り外す。


購入時の箱に入れるか、箱がなければ
エアーキャップなどで保護する。

 

その他、梱包が難しいもの

 

荷物の種類 必要なもの 方法 備考
タンス類・机類
食器棚・本棚
サイドボード
ヒモ
テープ
バスタオル
など

運搬中に引き出しが飛び出るのを防ぐため、
ヒモで縛るか、粘着力の弱いテープで貼り付ける。

(粘着力が高いと家具に糊がついてしまいます)

スライドのガラス戸は外して、バスタオルなどで
しっかり包み、テープなどでとめておく。

業者に依頼する場合、
これらの段ボールに
入らないものは、
そのままにしておいてOK。


引越し当日、
業者が専用の資材で
梱包してくれる。

 

ただし、引き出しの中の
ものは全て出し、
別に梱包する。

ベッド 小袋
分解に必要な道具
(ドライバーなど)

分解してパーツごとにまとめておく。
引越し先ですぐに組み立てられるよう、ネジなどの部品は
小袋に入れ、パーツに貼り付けておくとよい。

 

ウォーターベッドはそのまま運べないので、
購入したお店などに分解と組み立ての手配をする。

鏡台・ドレッサー バスタオル
ヒモ

鏡の部分は外し、鏡面を段ボールなどで保護し、
バスタオルなどで包む。


ヒモをかけておくと、持ち運びしやすい。

仏壇・神棚など ビニール袋

中身は別に梱包しておく。
お線香のツボなどは灰がこぼれないよう、
ビニール袋などに入れて口をしっかり閉じ、梱包する。

傘やホウキなど
バラつくもの
ヒモ

ヒモなどでまとめておく。

 

 

 

また、荷造りの際には以下の点にも注意が必要です。

 

・割れる危険性があるため、布団袋の中に割れ物を入れない。
・データの破損を防ぐため、パソコンのバックアップをする。
・運搬中の水漏れを防ぐため、洗濯機の水抜きを忘れない。
・配線するときのことを考え、コード類は分けて詰める。
・濡れてしまうので、冷凍食品は段ボールに詰めない。

 

引越しをして何かが無くなったり壊れたりすることのないよう、
荷造りは万全にしておきましょう。

 

 

どんなに丁寧に荷造りしても、荷物を運ぶ段階で破損してしまう可能性があります。
そういった万が一のことを考えて、引越し業者へ依頼する際には必ず
「荷物破損時の補償」があるかどうかを確認することをお勧めします。

 

まだ引越し業者を決めていない方は、下記から一括見積もりをする際に
各社へ確認する必須項目に加えておきましょう。

 


複数業者一括見積もりへ